実店舗を持たない中古車販売は、インターネットを利用した営業がほぼすべてだと言えるでしょう。

自動車のスペックなどをネット上で公開しておいて、注文を受けてから、車をネットオークション等で、顧客に代行して購入し顧客に販売する形態をとることになります。

ゆえに、基本的に仕入れがないため、資金繰りに悩まされることは少ない業態ともいえます。

ただし、あくまで買い取りは自身の目で行わなければならないため、自動車を査定する能力は必須となる点は注意が必要です。

また、同業者自体はインターネットを検索していただくとわかるように、かなり多いため、充実したWEBサイトの制作、WEBサイトのSEO対策等による、広告宣伝費はある程度見越しておく必要があります。

本格的な起業までの資金稼ぎなど、種々の理由で自動車販売業を副業から始めてみたいと思われている方は、一考の余地があるかと思います。

なお、このレベルで必要な資格、免許といえば、古物商の許可だけですので、初期投資19000円程度から始められる手軽さです。

 
 

何もかも自分でやろうとするのは、時間ばかり掛かって無駄な費用と多大な労力 が必要です。ぜひ中古車販売開業会社設立 センターの株式会社設立+古物商許可+自動車リサイクル法登録サービスをご利用くださ い!

中 古車販売会社設立開業お申し込み