参考情報の一つとお考えください。

日本中古自動車販売協会連合会(JU中販連)や、USS、TAA他により、様々なオートオークション会場が開催されています。

中古自動車販売業として開業される方の多くは、それらに加盟してオークションに参加したいと考えてらっしゃると思います。

しかし、その参加条件は、以前も触れましたが、決して敷居が低いものではありません。以下、代表的な諸条件について、記載します。

 古物商許可から1~2年経過していること。
 事業設立から2~3年経過していること。
 過去5年以内に破産宣告を受けたり、手形・小切手の不渡りを出したことがないこと。
 過去に刑事事件で禁固以上の有罪判決を受けたことがないこと。
 展示場の写真を提出できること。
 現会員からの紹介が受けられること。
 不動産を所有する第三者連帯保証人1~2人
 保証金と入会金(数十万円程度)etc.
(オークション会場により諸条件は異なりますので、詳細は直接会場に問い合わせください。)

この中で、業歴がない、不動産を所有する第三者連帯保証人がいない、現会員からの紹介が受けられない、このあたりがネックになってくると思います。

その条件を緩和する一つの方法として、落札代行事業を行っている企業に登録するという方法があげられます。

残念ながら、第三者連帯保証人については、回避しがたい問題にはなってしまいますが、業歴や会員の紹介についてあまり気にすることなく加入でき、全国数十か所のオートオークションに参加できるのがメリットでしょうか。

ただし、直接参加に比べ各種手数料が高い等、容易にオートオークションに参加することができる反面、デメリットももちろんありますし、審査もありますので100パーセント加入できるわけではありませんので、それらの点はご留意ください。

 
 

何もかも自分でやろうとするのは、時間ばかり掛かって無駄な費用と多大な労力 が必要です。ぜひ中古車販売開業会社設立 センターの株式会社設立+古物商許可+自動車リサイクル法登録サービスをご利用くださ い!

中 古車販売会社設立開業お申し込み