JU(日本中古自動車販売協会連合会)、USS、TAAなどなど、オートオークションは、国内に150以上の会場があり、ほぼ毎日オークションが開催されています。

主催団体・企業等により、参加者の業態は異なりますが、ディーラー、オークション代行業者、中古自動車販売業者等が参加していることについては、このページをご覧になっている方はすでにご存じのことかもしれません。

今回は、オートオークション利用のメリットとデメリットについて触れたいと思います。

メリット
車両数が多いため、希望する色、グレード、走行距離、予算の車が買えること。これが唯一で最大のメリットと言えます。オークションを利用しない場合、各業者の横のつながり等で検索することになりますが、検索力は比にならないというのは、言うまでもないでしょう。

デメリット
まず、思いのほか安くは仕入れられない点が挙げられます。一概にオークションだから安いとはいかないようです。

そして最大のデメリットとしては、クレームをつけられる期間が落札から1週間程度と、移動時間を考えると、実際に手に入れて試乗してみてから問題があっても、クレーム処理できない場合がありえるということです。

当然、オークションにおいて査定士が1台ずつチェックはしていますが、台数が台数なだけに、完全に確認できるかといえばそうでもないというのが実情の様です。ゆえに買う側の車に関する知識の力量が問われる場でもあります。

逆に言えば、その眼力さえあれば、欲しい車を欲しい値段で落とせる絶好の機会ですので、この上ない仕入れ方法ともいえるでしょう。

 

 

何もかも自分でやろうとするのは、時間ばかり掛かって無駄な費用と多大な労力 が必要です。ぜひ中古車販売開業会社設立 センターの株式会社設立+古物商許可+自動車リサイクル法登録サービスをご利用くださ い!中 古車販売会社設立開業お申し込み