正規輸入車が優良である中古車を認定中古車として販売するさい、優良な中古車であることの条件としているものに、正規の整備記録があることがあげられると、前の記事で書きました。もちろん、国産車にもこれにあたる書類があります。自動車メーカーは新車として販売するさい、定期点検記録簿を備え付けて納車します。定期点検記録簿は保証書や整備基準を示している冊子と一緒になり、1冊のブックとしていることも多くなっています。このブックにはそのクルマの所有者の情報を記録したり、点検や整備を行った人がその作業中に気になった点を記録したりする欄が設けられています。

中古車を販売するさい、もちろんこの定期点検記録簿があるクルマについては備え付けたまま、書き加える情報がある場合には記入漏れやミスがないように十分に注意をして加筆をします。この定期点検記録簿ですが、中古車を販売する場合において以前はそれほどまで気にするお客様は多くなかったように思います。

しかし最近は定期点検記録簿の有る・無しを聞いてくるお客様が、けっこうな割合でいらっしゃいます。もちろんある場合は「あります」と答えて、実際の定期点検記録簿をお見せします。しかしほとんどのお客様は内容まではあまり深く見ることはないようです。せいぜい総走行距離をチェックするぐらいでしょうか?

最近はPCだけでなくスマホからでも手軽にネットを見ることができるようになっています。ネットでは良い中古車を選ぶための情報なども載っており、そのなかには定期点検記録簿のチェックをあげられているようです。

このようなネットの情報を読んで、定期点検記録簿がなければ、その中古車が良くない中古車だと決めつけてしまうお客様が大勢いらっしゃるのは、とても残念なことなど思います。たしかに中古車販売業者のなかには、悪徳な業者もいます。お客様に知られたくない情報を隠す目的や不当に高い価格で販売するため、定期点検記録簿を破棄してしまう中古車販売業者も皆無ではありません。

しかし、仕入れた時点で定期点検記録簿が付属していなかったクルマもあります。そのようなクルマでも多くの中古車販売業者は心を込めて整備し、新しい所有者のもとへと送り出します。定期点検記録簿がないだけで価値のないクルマとしてしまうのは、大変にもったいないことではないのでしょうか?

たいていのお客様は説明によりご納得いただけ大変にありがたいことだと思っています。たしかに定期点検記録簿で販売する中古車の質を保証するのは大切なことですが、私をはじめとする中古車販売に関わる人間が信頼されるようになることも重要だと感じています。