中古自動車の委託売買(オークション代行)を行うには、オートオークション会場への登録が必須となることは言うまでもないと思います。

そこでまず、このオークションに参加するために必要となってくるのが、古物商の許可です。

古物営業法では、「古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換する営業であつて、古物を売却すること又は自己が売却した物品を当該売却の相手方から買い受けることのみを行うもの以外のもの」について、古物商の許可が必要である旨、記載されています。

しかし、残念ながら古物商の許可を取得した=オークションへの参加が可能とはいきません。古物商許可の取得は、あくまでオークション代行を合法的に行える土台が整ったにすぎません。

オートオークションに参加するためには、会場により条件が定められています。条件として典型的な例を挙げます。

1. 古物商許可から1~2年経過していること。
2. 事業設立から2~3年経過していること。
3. 過去5年以内に破産宣告を受けたり、手形・小切手の不渡りを出したことがないこと。
4. 過去に刑事事件で禁固以上の有罪判決を受けたことがないこと。
5. 展示場の写真を提出できること。
6. 不動産を所有する第三者連帯保証人1~2人
7. 保証金と入会金(数十万円程度)etc.
詳細な点については、オークション会場により異なりますので、参加を希望するオークション会場に問い合わせされることをお勧めします。

これらの条件が整って初めて、中古自動車のオークションに参加できるようになります。

ここ最近では条件が緩めになっている会場もあります。しかし起業準備ができたが条件が合わないなどでオークション会場に登録できないこともあり得ますので、十分確認して、起業準備されることをおすすめします。
 

 

何もかも自分でやろうとするのは、時間ばかり掛かって無駄な費用と多大な労力 が必要です。ぜひ中古車販売開業会社設立 センターの株式会社設立+古物商許可+自動車リサイクル法登録サービスをご利用くださ い!中 古車販売会社設立開業お申し込み