業者専門の中古自動車オークションを主にさして言います。

主催者によって集まる業者層が違いますが、ディーラーや中古車販売業者、中古自動車オークション代行業者などが、中古自動車の売買を行います。国内には150以上の会場があり、ほぼ毎日オークションは開催されています。

冒頭で書いた通り、業者専門のオークションですので、一般個人が参加することは不可能です。

中古自動車販売業者が、オークションを利用するメリットは、卸価格での中古車購入ができる点ではありますが、反面デメリットも少なくはありません。

中立の立場の検査員が、オークションの前に、車両の状態を確認し、出品票と呼ばれる自動車の状態報告書を作成します。しかし、その出品票が確実なものかといえば、決してそうではないため、一概にそれを信用し購入するわけにはいかない現実があります。

当然悪意があってというわけではないのですが、原則としてある業者間取引ゆえに細かいことは自己責任でというスタンスが、中古自動車オークションに根差しています。

また、検査基準そのものについても、オークション会場(主催者)により、異なる点も念頭に入れなければなりません。

オークションへ参加し中古車を落札する業者を経営するのであれば、オークション会場(主催者)による検査基準の差、検査員のレベルのばらつき、何より自身が現車確認し、瑕疵を見抜ける力について理解する必要があるでしょう。

真贋を見分ける目が必要といっても、決して表現として大げさなものではないと思います。

 

何もかも自分でやろうとするのは、時間ばかり掛かって無駄な費用と多大な労力 が必要です。ぜひ中古車販売開業会社設立 センターの株式会社設立+古物商許可+自動車リサイクル法登録サービスをご利用くださ い!中 古車販売会社設立開業お申し込み