実店舗を持たない中古自動車販売の場合、インターネットを利用した営業が最もポピュラーな形態となるでしょう(人づてなどといった選択肢もなくはないでしょうが、現実的ではありませんね)。

商品の仕入れは、オートオークションを利用することになると思います。

参加するためには、保証金や保証人等の諸条件がありますが、オートオークションは、一般人が参加できない取引形態であり、一般人では入手不可能な業販価格で、商品となる中古自動車を入手できる機会となります。

しかし、資産要件さえ整えば比較的容易に参加できる反面、自動車の査定に対するチカラは必要になってきますので、まったく業界や、技術に対して経験・知識のない方が参加するのは難しいと思います。

ただいえるのは、中古自動車販売業を営むにあたって、必要な資格自体はありませんので、車に対する知識さえあれば(当然経営力は必要ですよ)挑戦可能な分野かと思います。

そして一番のポイントとなるのは、顧客の確保の方法でしょうか。

WEBサイト上では、顧客の要望する中古自動車のスペック・価格を吸い上げ、ないし、中古自動車のスペックを公開し、注文を受けてからオートオークションで仕入れるといった形となると思います。

必要なのは、WEBサイトの構成。

この一言に尽きます。

いくら安く自動車を仕入れられようと、営業手段であるWEBサイトが陳腐なものでは、売れるものも売れません。

また、インターネットを検索していただくとお分かりのように、結構な数の同業者がいます。

ですので、まずアクセスしてもらえるようなSEO対策。アクセスしてもらったら離さないWEBサイトのデザイン。これを煮詰めていく必要があります。

最低限、無店舗の中古自動車販売業として業を営むのであれば、ある程度の資産的要件、自動車整備に関する知識、WEBに関する知識が必須となると思います。

 

 

何もかも自分でやろうとするのは、時間ばかり掛かって無駄な費用と多大な労力 が必要です。ぜひ中古車販売開業会社設立 センターの株式会社設立+古物商許可+自動車リサイクル法登録サービスをご利用くださ い!中 古車販売会社設立開業お申し込み