以前は最低でも1,000万円とされていた株式会社の資本金は、現在では1円でもOKということになっています。株式会社設立について金銭的なハードルをグッと下げ、起業する人を増やそうという意味から行われた施策です。しかしこのように「資本金はいくらでも株式会社を設立することができる」とされてしまうと、反対に「では、いくらを資本金として株式会社を設立すれば良いのか?」ということに悩む人がたくさんいるのではないかと思います。

 

株式会社の資本金はその会社の規模や社会的責任の大きさを示すものです。大きければ大きいほど規模が大きい会社であり、何か問題が起きた場合に対応する力も十分に持っていると評価されます。対外的な信用が得やすくなり、追加で資金が必要となった場合でも、金融機関からの融資が受けやすいというメリットがあります。しかしデメリットがないというわけではなく、身の丈を越えた大きな額としてしまうことで困ることもあります。

 

そのひとつとしてあげられるのが、株式会社の資本金は会社のためにしか使うことができず、生活資金に充当することは許されないということです。一度、会社の資本金として拠出したお金は、たとえ1円であっても会社のため以外には使えません。たとえば貯めてきた預貯金をすべて資本金として、株式会社を設立したとします。起業してすぐに順調な売り上げがあるということは滅多にありません。生活していくためのお金がなくなってしまったとしても、会社の資本金としたお金について、手をつけることはできない決まりになっています。もしこういったことをする場合は会社から個人に対して貸し付けを行う、という形式がとられます。株式会社から出資者に対して行う貸し付けは、税務上、不利な取り扱いを受けます。また公私混同をしていると捉えられるため、経営上も良くありません。

 

反対に会社設立のために貯めてきた預貯金のうち生活資金を多めにとっておき、資本金を少なくして株式会社を設立したとします。もしも設立した会社の運転資金が不足したとしても、個人から株式会社への貸し付けを実施することはとても簡単であり、それほどデメリットもありません。会社経営が軌道に乗ってきたときに返済を受けるという形で引き出すことも、貸付金をそのまま資本金に振り替えることもできます。

 

株式会社を設立するさい、資本金をいくらとするかはそれまでに貯めてきた預貯金の額、金融機関などから受けることができる貸付金の額、そして生活資金として必要な金額など、さまざまなことを考慮して決定する必要があります。あまりにも資本金を大きくして生活に必要な資金が不足しても困る結果となり、資本金を少額なものとすると信用が得にくいというデメリットがあります。それぞれの事情に合わせ、ちょうど良い資本金額とすることが重要です。