株式会社を設立して中古自動車販売業を開業するためには、必要な手続きが結構あります。

 

  • 法人の設立登記

まず、中古自動車の売買を目的とした株式会社を設立します。設立登記は、本店所在地を管轄する法務局に行うこととなります。

また、設立登記に当たっては、税務署、税務事務所、市町村社会保険事務所、労働基準監督署、公共職業安定所等へ開業に関する書類を提出する必要がある場合があります。

なお、法人設立に当たり、当該法人の取締役が欠格要件に該当していない必要がありますので、注意が必要です。

 

  • 古物商の許可申請

法人の設立登記が完了後、古物商自動車商の許可申請を営業所を管轄する警察署に行うことになります。

また、この際、中古車の駐車場ないしスペースの確保が必要となり、その契約書が許可申請時に必要になります。

なお、古物商許可申請に当たり、当該法人役員が欠格要件に該当していない必要がありますので、注意が必要です。

 

※※※中古自動車の再販のみ場合は不要ですが、廃車の引き取りを行う場合、以下の手続きが必要になります。※※※

 

  • 自動車リサイクル法引取業者登録

使用済自動車の引取りを行うには自動車引取業の登録が必要となります。

なお、自動車リサイクル法引取業者登録に当たり、当該法人役員が欠格要件に該当していない必要がありますので、注意が必要です。

 

  • 自動車リサイクルシステム登録

自動車リサイクル法引取業者登録ののち、電子マニフェスト制度による、自動車の移動報告、エアバッグ・フロン類の回収料金支払い等の管理をするためのシステムに登録する必要があります。

何もかも自分でやろうとするのは、時間ばかり掛かって無駄な費用と多大な労力 が必要です。ぜひ中古車販売開業会社設立 センターの株式会社設立+古物商許可+自動車リサイクル法登録サービスをご利用くださ い!中 古車販売会社設立開業お申し込み