中古自動車を買い取り販売するだけであれば、古物商の許可のみが必要となります。

 

更に、廃車(使用済自動車)を買い取る(引き取る)業務を行う場合は、古物商の他に、引取業者の登録が必要となります。

 

そして、「使用済み自動車から、まだ使える部品を取り外したい」という場合、引取業者の登録だけでできるのは、最終所有者から要望があった場合に限り、カーステレオ、カーナビ、ETC、ルーフキャリアなどを取り外す程度のことです。

 

ドアが使えるからと言って引取業者が、取り外す行為は、自動車リサイクル法における無許可営業で違法行為となります。

 

意外と甘く考えがちですが、自動車リサイクル法上は1年以下の懲役又は50万円以下の罰金、さらに廃棄物処理法の業の許可を持っていなければ、廃棄物処理法上の無許可営業として5年以下の懲役又は1千万円以下の罰金というかなり重い罪に問われますので要注意です。

 

では、引き取った中古車から部品取りをする行為を合法的に行うにはどうしたらいいでしょうか?

 

そのためには、自動車解体業の許可を得る必要があります。

 

※なお、自動車リサイクルの流れは、厳密には、「最終ユーザー→引取業者→フロン類回収業者→解体業者→破砕業者」といった流れになり、引取業者から直接引き取る場合は、フロン類回収業者の登録。破砕まで行う場合は破砕業者の許可を取得する必要がありますが、この点については、後々触れていきたいと思います。

 

自動車解体業者とは、廃車からエアバッグ類を回収して自動車メーカー・輸入業者に引き渡し、中古部品等を取り除いたのち、解体自動車を破砕業者に引き渡す事業者をさし、都道府県知事又は保健所設置市長の許可を受けなければなりません。

 

自動車解体業者は、使用済み自動車から部品取り等を行うことができますが、以下の義務を負うことになります。

 

  1. 使用済自動車の引取り義務
    引取業者又はフロン類回収業者から使用済自動車の引取りを求められた場合は、正当な理由がある場合を除いて使用済自動車を引き取る義務
  2. 引取報告の実施義務
    情報管理センターに引取報告を行う義務
  3. エアバッグ類の回収の実施
    エアバッグ類の回収を行う義務
  4. 自動車リサイクル法の再資源化基準に従った使用済自動車の解体の実施義務
    使用済自動車を引き取った時は、自動車リサイクル法の再資源化基準に従って適切な解体を実施する義務(鉛蓄電池、タイヤ、廃油・廃液、室内照明用蛍光灯を回収・有用な部品等を可能な範囲で回収)
  1. エアバッグ類の引渡しと引渡報告の実施義務
    情報管理センターに引渡報告を行う義務
  2. 解体自動車の引渡しと引渡報告の実施義務
    使用済自動車を解体した後の解体自動車を破砕業者に引き渡す義務
    また、情報管理センターに引渡報告を行う義務

 
 

何もかも自分でやろうとするのは、時間ばかり掛かって無駄な費用と多大な労力 が必要です。ぜひ中古車販売開業会社設立 センターの株式会社設立+古物商許可+自動車リサイクル法登録サービスをご利用くださ い!

中 古車販売会社設立開業お申し込み