古物商は中古品の売買を商売として行う人のことをいいます。インターネットを使ってオークションでリサイクル品を取り扱う人がたくさんいますが、そのような人でも、商売することを目的として商品を仕入れ、販売して利益を得る、ということを継続して行っている場合は、きちんと古物商の資格を取ることが必要です。副業として行っている場合でも古物商資格の取得が求められます。しかし、それまで自分が使用していたモノを売る場合には、それでたとえ多くの儲けが出たとしても、古物商として営業したことには当たらないので、資格も必要ないことになります。
古物商はどのような商品を取り扱うかによって、次のような13に種類に分類されています。
・絵画や、版画、骨董品、アンティーク物などを取り扱う「美術品」
・着物や婦人服、紳士服、子供服、小物類などを取り扱う「衣類」
・宝石や時計、アクセサリーなどを取り扱う「時計・宝飾品」
・自動車、自動車のタイヤや部品などを取り扱う「自動車」
・バイク、バイクのタイヤや部品などを取り扱う「自動二輪・原付」
・自転車、自転車のタイヤや部品などを取り扱う「自転車」
・カメラやカメラレンズ、双眼鏡、望遠鏡などを取り扱う「写真機」
・パソコン、プリンター、パソコン周辺機器、コピー、電話、ファックスなどを取り扱う「事務機器」
・工作機械や土木機械、電気機械、各種工具などを取り扱う「機械工具」
・家具やスポーツ要否、ゲームソフト、CD、DVD、日用雑貨などを取り扱う「道具」
・バッグや靴などを取り扱う「皮革・ゴム製品」
・古本の取り扱いを行う「書籍」
・商品券、金券カード、高速チケット、航空チケット、新幹線チケットなどを取り扱う「金券」
中古車販売業を行うためには「自動車」、および「自動二輪・原付」の古物商資格を取ることが必要になります。