1年のなかで中古車がもっとも多く売れるのは、1~3月です。4月からの新年度開始に向けて、生活に必要なモノを買いそろえる時期にあたるからです。学生が卒業し、就職するにあたって車が必要になる、という人が日本には多くいます。それまでは学生の身分であったためお金があまりなく、また免許も取得したばかりなので新車を買ってもどうせすぐに傷をつけてしまうという理由から、新しく社会人になるような人たちが車を購入するさいには、とりあえず中古車を選ぶケースが多くなっています。

年末のこの時期は、中古車販売業者にとっては在庫を確保する時期になっています。ですからどちらかといえば買取りに力をいれ、販売のほう熱心に行うということはあまりありません。ですから車の買取りを依頼されようと思っている方がいらっしゃれば、年末に行うといいかもしれません。

年末は誰でもが大忙しになる時期です。それだけ多くの人が、家の大掃除や不要なモノの整理などを年内に行ってしまいたい、と思っているということになりますね。しかし私のように年始の休みを利用して、たまっているあれやこれやを片付けようと思っている人も、それなりにいらっしゃると思います。

年始は静かで書類の作成などの仕事はよくはかどりますが、わからないことがあってもすぐには問い合わせることができないというデメリットもあります。とくに官公庁などはしっかりと年末年始は休みとなっているので、注意が必要です。