中古自動車の転売目的の入手の場合、古物商許可だけで問題ありませんが、中古自動車(廃車)を引き取り、そこから部品を取るためには、自動車リサイクル法に基づく、引取業者の届け出と自動車解体業の許可が必要となります。

 

自分で買った・引き取った車だからと言って、部品取りや解体を勝手に行うことは、自動車リサイクル法違反となり、自動車リサイクル法に基づく罰則の対象となりますので、注意が必要です。(自動車所有者の依頼を受けてカーステレオ、カーナビ等の付属品を取り外す行為等については、許容範囲とされています。)

 

また、引取業、解体業の届出・許可があったとしても、破砕、プレス・せん断(破砕前処理)はできません。これらは、自動車破砕業者の許可が必要になります。

 

廃車(使用済み自動車)から部品取りができるまでの流れとしては、引取業者による引取後、残存フロンの有無を確認し、あればフロン類回収業者へ引き渡し、その後、自動車解体業者へ。なければそのまま自動車解体業者へ引き渡すこととなります。

 

自動車解体業者は、その前段を踏んだうえで、初めて使用済み自動車から部品取りを行うことができるようになります。

 

なお、所有者個人においても、廃車にしようとしている自動車から勝手に部品取りを行うことは許されておらず、行った場合は、自動車リサイクル法に基づく罰則の対象となりますので注意が必要です。

 

 

 

何もかも自分でやろうとするのは、時間ばかり掛かって無駄な費用と多大な労力 が必要です。ぜひ中古車販売開業会社設立 センターの株式会社設立+古物商許可+自動車リサイクル法登録サービスをご利用くださ い!中 古車販売会社設立開業お申し込み