• 引取業者とは

引取業者は、自動車の所有者から使用済み自動車を引き取り、フロン類回収業者や解体業者に引き渡すことが役割です。

 

  • 引取業者は登録制

自動車引取業者になるためには、都道府県に対し登録の申請をする必要があり、前提条件として、エアコンにフロン類が使用されているかどうかを確認できる体制が必要となります。

登録は、5年ごとの更新が必要となります。

なお、その他フロン回収破壊法や廃棄物処理法の違反による登録取り消し後2年を経過していないことなど、登録に当たっては欠格要件があります。

 

  • 引取業者の義務

・正当な理由がある場合を除き、使用済み自動車の引き取りを求められた場合は応じる義務があります。

・自動車リサイクル料金の預託確認、収受義務

使用済み自動車を引き取る際には、リサイクル料金等が自動車リサイクル促進センターに預託されているかどうか確認する義務があります。預託されていない場合は、引取業者がリサイクル料金等の収受を行う必要があります。

・使用済み自動車の引取証の交付義務

使用済み自動車を引き取った場合、最終所有者に引取証を交付する義務があります。

・使用済み自動車の引き渡し義務

フロン類が使用されているエアコンかどうかを確認し、使用されている場合はフロン類回収業者へ、使用されていない場合は、解体業者へ使用済み自動車を引き渡す義務があります。

・使用済み自動車の引取引渡実施報告の義務

電子マニュフェスト制度を利用し、使用済み自動車の引取引渡の事実を自動車リサイクル促進センターに報告する義務があります。

 

  • 自動車リサイクルシステムへの事業者登録

都道府県への登録申請とは別に、自動車リサイクル促進センターによる自動車リサイクルシステムを利用するための事業者登録を行う必要があります。

 

何もかも自分でやろうとするのは、時間ばかり掛かって無駄な費用と多大な労力 が必要です。ぜひ中古車販売開業会社設立 センターの株式会社設立+古物商許可+自動車リサイクル法登録サービスをご利用くださ い!中 古車販売会社設立開業お申し込み