民法では、売買等の有償契約の目的物に隠れた瑕疵(通常人の注意をもってしては、発見できないような品質上の欠点)があった場合に、売主が買主に対して負う責任のことで、買主は売主に対し、損害賠償(無償修理など)を請求するか、契約を解除することができると瑕疵担保責任について定められています。

中古自動車の販売についても例外ではありません。

中古車を現状渡し(保証なし)という条件での販売であっても「販売後に責任が発生しない」ということにならない点について注意しなければなりません。

ケースによっては、無償修理や契約解除も可能になる場合があります。

現状渡しで販売すれば一切の保証を免れると安易に考えることなく、「隠れた瑕疵」がある場合、無償修理等の対応が必要で場合によっては契約の解除(返品・返金)になることがあるというリスクがあることを十分理解する必要があります。

経営の側面でもこのようなトラブルが発生すると資金繰りに影響を及ぼすことから、できるならば、販売する中古車に関して、十分な点検・整備を施し、瑕疵担保責任が追及されるようなリスクを極力排除されることをお勧めします。

 

何もかも自分でやろうとするのは、時間ばかり掛かって無駄な費用と多大な労力 が必要です。ぜひ中古車販売開業会社設立 センターの株式会社設立+古物商許可+自動車リサイクル法登録サービスをご利用くださ い!中 古車販売会社設立開業お申し込み