日本最大級の中古車販売サイトであるgoo-netでは8月27日から9月30日まで、「ウルトラSALE」と称したSALEを開催しています。goo鑑定、gooPLUS、goo保証の3つのサービスがついている中古車を対象としたセールであり、同時にセール対象となっているクルマを買うとガソリン1年相当分がプレゼントされるというオマケもついてきます。1,000台に限定して行うプレゼント企画であり、84,000円分のENEOSプリカをプレゼントするそうです。車とされています。ガソリン1年相当分がどうして84,000円分という計算になるのかというと1回の満タンで50リットルのガソリンが入るとして、毎月1回、満タンにしていくと仮定すると84,000円分になるからだそうです。このガソリン代の計算には、レギュラーガソリンの値段を1リットル当たり140円に設定しているそうです。

最近のクルマはどれも燃費が非常に良くなっています。もちろんハイブリッドカーなどはガソリン消費を非常に抑えたクルマとなっていますが、ハイブリッドカーでなくても燃費の良さが際立っているクルマがたくさんあります。燃費の良いクルマの開発は昔は、「このままガソリンをはじめとする石油を使い続けていると、近い将来、石油資源が枯渇してしまう」とされたことによるものでした。

現在では石油資源がそのうち枯渇するという話は、あまり耳にしません。これは想像していたよりも多くの石油資源が埋蔵されていること、石油資源に代わるエネルギー開発が進んだこと、二酸化炭素排出量増大による地球温暖化ストップのために世界的にエネルギー消費を抑制しようという動きがスタンダードなものとなったこと、などによるものです。

とくに軽自動車には燃費が良いクルマがたくさん揃えられています。燃費の良さを追及した軽自動車の代表と言えば、ダイハツのミライースでしょう。ミライースはダイハツから2011年に発売された「第3のエコカー」と呼ばれているクルマセ。2009年に開催された東京モーターショーに出展されたコンセプトカー「イース」が元となっています。

ミライースは「リッター30キロメートル」の低燃費を実現しており、環境に対する意識が高い若者などに人気となっています。中古車販売においても、環境に対する意識などが必要とされつつあります。燃費にも気を配り、環境に優しいクルマを取り扱っていくようにしたいと思います。