印鑑証明書上の正式な住所とはどういうことですか?

自動車(中古車)販売店開業独立起業の回答 会社設立では、関係者の氏名や住所は印鑑証明書の表記を元に正確性が確認されます。

日本橋1-2-3というのは、これだけあるパターンの地番表示を、簡略化して日常使用しているに過ぎないのです。したがって、法律手続ではどの正式な地番等表記にあたるか分からないため、申請時にトラブルになるばかりか、不受理といって受け付けてもらえなかったり、最悪の場合は不許可処分になる可能性もあります。
インターネット上に情報が溢れ、誰でも簡単にできるように思われる法律手続ですが、基本的なことを知らないと不利益になってしまいます。一度しっかりと調べてご確認ください。今後の円滑な社会生活にもきっと役立ちます。

申請でよく問題になる間違いとは?

例).△△市日本橋○-○-○ -> ×(正式な表記ではない)
解説:住所の表記について、日常的に「日本橋1-2-3」のような表記が用いられますが、これは正確な表記ではありません。
このような「1-2-3」というのは、正式にはいくつかのパターンが考えられます。
・1番2号3
・1番2号の3
・一丁目2番3
・一丁目2番の3
・一丁目2番地3
・一丁目2番地の3
・一丁目2番3号
・1丁目2番3号

 

何もかも自分でやろうとするのは、時間ばかり掛かって無駄な費用と多大な労力が必要です。
ぜひ中古車販売開業会社設立センターの
株式会社設立+古物商許可+自動車リサイクル法登録サービスをご利用ください!
中古車販売会社設立開業お申し込み

 

(C) Copyright 54000~IŒZQIÎԔ̔JƉАݗZ^[ / V{ 2003-2016.
̃TCg̃Rec͒쌠@ɂی삳Ă܂̂ŁAǗ҂̋‚Ȃ]pE]ڂ邱Ƃւ܂B